ちょっと気になる!アイフルとアイフルホームは関係性はあるの?

アイフルとアイフルホームは全く関係性がないようです。ホームページのURLを見ても、アイフルのほうは「aiful」、アイフルホームのほうは「eyefulhome」となっているので、同じアイフルという言葉でもその意味が違うことがわかります。アイフルの「aiful」は、英語のAffection、Improvement、Faithfulness、Unity、Livelinessをつなげたものとなっているようです。それぞれ、愛情、努力、信頼、結束、活気といった意味をもちます。一方の「eyelul」は、「十分見ること」といった意味を持っています。グループ会社というわけでもなく、全く別の会社となっています。アイフルは大手の消費者金融ですが、アイフルホームは注文住宅、一戸建て、リフォームなどを業務としているハウスメーカーです。業務内容も全く関係性がありません。

 

アイフルは大手の消費者金融ですが、どこの銀行グループにも属していない独立系消費者金融となっています。しかし、銀行グループには属していませんが、アイフルグループというグループには属しているようです。アイフルグループにはクレジットカードのライフ、商工ローンのビジネクストなどが属しています。銀行グループに属していないので、資金面では不安があるという意見がありますが、この点は利用者にとっては大きな問題ではありません。なぜなら、利用者にとってはサービス内容が重要であり、会社の経営状況によって得をしたり損をしたりすることはないからです。さすがに倒産をしてしまうと影響を受けますが、大手の消費者金融ですので倒産をする可能性はかなり低いでしょう。

 

例外的に、過払い金請求をするときには大きな影響があることがあります。資金面で不安がある企業の場合、できるだけ支払いを後回しにしたいので、過払い金請求に積極的に応じなかったり、裁判を長引かせたりといった工夫をしているようです。個人で交渉をしても2割程度、弁護士に依頼をしても4割程度の悪い条件になってしまう傾向があるようです。裁判をしたら原則として100%の過払い金が戻ってきますので、結果的にはそれほど変わりはないものの、手間と時間がかかります。しかし、2007年~2008年にかけて消費者金融では金利の引き下げが行われ、過払い金は発生しなくなっているので、この問題はなくなっています。現在は資金面で不安があるということは利用者にとってはほとんど心配する必要のないこととなっています。

 

アイフルホームは、株式会社LIXILグループの傘下にある建設会社です。アイフルホームというのはカンパニー名であり、正式な会社名は株式会社LIXIL住宅研究所となっています。資金力という意味ではこちらは大手グループに属しているので安心できるでしょう。大手消費者金融のアイフルとの関係性はまったくないということは、ホームページなどでも説明がされているようです。消費者金融は昔は「サラ金」と呼ばれており、あまり良いイメージを持っていない人もいます。誤解をされないようにと気を使っているのはアイフルホームのほうかもしれません。

 

しかし、現在では消費者金融の金利は昔と比べるとかなり下がっており、明るいイメージを持っている人も多いです。昔は20%~29.2%のグレーゾーン金利がとられていましたが、現在では大手の消費者金融の最高金利は18.0%です。アイフルでは4.5%~18.0%という金利がとられており、銀行カードローンとの差はそれほどありません。30日間無利息というサービスもあるので、使い方によっては銀行カードローンよりもメリットがあるでしょう。

アイフルでお金を借りるポイントを詳しく解説!
アイフル借り方審査ガイド | 借りる前にすぐ確認すべき17の項目