アイフルで一括返済するとどれくらいお得?計算方法を知りたい

現在、アイフルの設定金利は「4.5~18.0%」に設定されています。また、最高限度額は「500万円」となっているため、この二つが影響して実際にアイフルと契約した場合の金利が設定されます。アイフルに限らず、カードローンを利用する上で「いかに少ない金利で抑えられるのか」は非常に重要なものであり、この点をしっかりと確認せずに契約したカードローンは非常に負担が大きくなってしまう可能性が高まります。

 

そのため、基本的にはアイフルを含めたカードローンの金利をすべて把握して、実際に利用できる可能性が高いものをピックアップしながら比較検討していくことが求められます。この手の情報をピックアップしてまとめているWEBサイトなども多数あり、自分自身で判断することが難しい場合には活用するという方法もあります。どのような形であれ、しっかりと根拠に基づいてカードローンを選択することができれば良いわけです。

 

現状では、ほとんどの場合でカードローン初回契約時には「最大金利」で契約することになります。最小値ならびに最大値はカードローン業者によって異なりますが、アイフルの場合は最大18.0%という金利に設定されているため、ほとんどがこの数値で契約することになります。一応、契約限度額が高くなればなるほど金利が下がるという仕組みがあるので、初回契約時から大きな限度額に設定してもらうことができれば、低金利で利用できる可能性もあります。

 

ただし、多くの場合で初回契約時には100万円以下の限度額に設定されるため、適用される金利も最大値であることが多くなります。よほど年収が多く、返済能力が高いと判断された場合か、もしくは契約後の利用状況が良好な場合には大きな限度額が設定される可能性がありますが、たとえば初回契約時から最高額である500万円の契約が実現し得るかというと非常に困難です。

 

100万円を18.0%金利で借りた場合、契約時点で想定される年間利息は18万円です。そのため、初回契約時には18蔓延(年額)の月割り額が利息として請求されるため、1万5千円の利息と元金分を含めて返済することになります。仮にこの段階で2万円を返済したとすると、利息分1万5千円を引いた残金5千円が元金分として充当され、債務残高は99万5千円になります。

 

初回返済が完了した段階で残高が変動しているため、2回目の返済時はこの時の債務残高に対する18.0%の金利が請求されます。100万円の時と比べると5千円残高が減っているので、ほんの少しですが請求利息額が減り、同じ金額を返済する場合でも元金充当分が増えていきます。具体的な計算方法はエクセルなどを利用すると非常に簡単ですが、詳しい計算方法が分からなくともWEBサイトを利用すると計算することが可能です。

 

いずれにせよ、「返済するたびに利息が減っていく」という仕組みである以上、返済回数が少なくなればなるほど支払う利息は減っていきます。上記例で言えば、毎月の返済時に元金が5千円程度ずつ減っていくだけなので利息はほとんど変わりませんが、仮に初回返済時に50万円を返済した場合には、2回目の返済時の利息は初回の半分にまで減らすことができます。

 

すると、2回目からは2万円ずつ返済する場合でも利息が8千円ほどで済むため元金が1万円以上減っていく計算になります。カードローンは、返済期間が短くなればなるほど支払う利息が少なく済むため、一括返済などを活用して返済期間を短縮することが非常に効果的です。具体的に一括返済を行った場合に節約できる金額は状況によって異なりますが、一括返済を活用できるような返済プランを検討することでリスクを大幅に軽減することができます。

アイフルでお金を借りるポイントを詳しく解説!
アイフル借り方審査ガイド | 借りる前にすぐ確認すべき17の項目