電話一本でアイフルの金利を引き下げてもらうための交渉術

アイフルを利用する場合に設定される可能性がある金利は、「4.5~18.0%」の範囲から選択されます。とは言え、基本的には最大金利が適用されることになるため、初回契約時は「金利18.0%」になることが大半です。この18.0%という金利は、アイフルを含めた「消費者金融系カードローン」の中ではごく普通の数値と言えますが、「銀行系カードローン」を含めて金利を比較するとけっして低い数値とは言えません。

 

銀行系カードローンの平均的な最大金利は15%程度なので、アイフルの18.0%という金利設定と比べると3%も低い金利で利用することができます。3%の差というと、100万円を借りている場合には年間3万円の差になるため、けっして小さな差だとは言えません。年間3万円ということは、10年継続した場合には30万円の差になるということです。カードローンは、契約中ずっと利息が発生し続けるので、期間が延びれば延びるほど利息の負担は増えていきます。

 

アイフルと契約して18.0%で100万円を借りたとすると、15%で契約している場合と比べると完済までの期間が1/3ほど短くなる可能性があります。当然、これは利用者の状況によって大きく変わってしまいますが、「金利が低いほど返済が楽になる」「失敗するリスクを回避しやすくなる」というメリットがあることだけは間違いありません。

 

金利が低い方がリスクが少なく多くのメリットを享受できるということは、アイフルと契約する段階でも「金利引き下げの交渉」を行う意味があります。金利引き下げの交渉はけっして簡単なものではないので失敗してしまう可能性もありますが、少なくとも金利引き下げの交渉を行わなければ最大金利で契約することになってしまう可能性が高い以上、ダメもとでも一度交渉することが大切です。

 

金利の引き下げを交渉するためには、まず「電話」もしくは「メール」で相談することから始まります。とは言え、メールでは受け流されてしまうことが増えるため、より良い回答をもらうためには電話で相談をした方が賢明です。仮にその時点では失敗してしまったとしても、「相談をした」という事実は本人のみならずアイフル側にもずっと残っているので、状況が良くなりさえすれば積極的に引き下げ案を打診してもらえる可能性が生まれます。

 

交渉に際して重要なポイントは、「なぜ金利を引き下げる必要があるのか」という点です。ほとんどの人はアイフルと契約する場合に言われるがままの金利で利用していて、何事もなく完済に漕ぎつけています。ということは、けっして設定している金利が高すぎて利用者の多くが返済不能に陥ってしまうというわけではなく、むしろ多くの人が問題なく返済することができる範囲だと言ことが分かります。

 

そういった状態である以上、そう簡単に金利の引き下げが実現できる可能性はありません。しかし、アイフル側として最も問題になることは「返済されない」という状況です。返済が遅れ気味になるだけならば「遅延損害金」などを上乗せして請求できる分だけメリットはありますが、そういう状態になってしまうといずれ返済自体が行われなくなってしまう可能性が高まります。

 

自己破産や債務整理などの方法で債務の問題を解消しようとする人が現れるだけでなく、中には「時効の援用」を利用して債務を消滅させてしまう利用者も出てくるので、アイフルにとっては一切のメリットがありません。それならば、金利を普通よりも低く設定してでも完済してもらった方がメリットが大きくなるため、「返済できなくなってしまうかもしれない」という不安や根拠を絡めると交渉が成功しやすくなります。

アイフルでお金を借りるポイントを詳しく解説!
アイフル借り方審査ガイド | 借りる前にすぐ確認すべき17の項目