アイフルの「おまとめローン」の審査落ちした原因を知りたい

アイフルでおまとめローンを利用しようとしても審査落ちしてしまうことがあり、この原因には様々なものがありますが、まず知っておかなければならないこととして通常のカードローンで行われる審査よりも厳しくなるので落ちやすくなっています。

 

複数の借り入れを1つにまとめるので利用限度額が必然的に高くなり、貸し倒れが起きやすくなります。また、口コミでは利用限度額を引き上げるよりも複数の金融業者と契約して総額を高くすることを勧めるものが少なくありませんが、これによって管理や返済の負担が増えている状態は金融業者から見ればお金に困っており、計画性もないと判断されてしまうので信用を得にくくなっています。

 

ただし、アイフルでは2種類のおまとめローンがあり、一方は既にカードローンを利用している人を対象として好条件で貸し付けを行う特徴があるので、カードローンの方で十分な利用実績があれば信用を得やすくなります。なお、新規契約者が利用者向けのローンに申し込むための工夫として、先にカードローンを1か月だけ利用して返済する、というものがありますが、この場合は1か月では実績にならないので審査が有利になることはありません。

 

審査が厳しくなるため、アイフルのカードローンで信用されずに審査落ちすることをしていれば同様に落ちます。例えば個人信用情報機関に異動情報が記録されていると利用できなくなるので、返済の遅延が起きる前に対処しなければなりません。

 

この異動情報に関して注意しなければならないのが過払い金返還請求です。一部の口コミでは借り入れ総額を減らすために返還請求を先に行うことを勧めていますが、これを行うと利用できなくなります。完済前の借り入れに対して行う返還請求は実際には任意整理が行われています。手続きした時点で異動情報が記録され、過払いで借り入れがなくなれば記録は削除されますが、借り入れの方が多ければ異動情報は残ります。

 

そのため、借り入れ総額は高くなってしまいますが、過払いを含めておまとめローンに申し込み、以前の借入を完済してから返還請求を行うのが正しい手順になります。他社の利用数に関してもおまとめローンであれば何社でもまとめられるということはなく、4社以上と契約していると審査落ちしやすくなります。そのため、先に利用中のローンでまとめて契約数を減らしておきましょう。

 

アイフルは消費者金融であるためカードローンの契約を行う際には総量規制の対象になり、年収の3分の1までしか借りられない制限があります。しかし、総量規制には有利になる借り換えに関しては例外とする規定があるためこの制限を受けず、アイフルであっても年収の3分の1を超える借り入れができます。しかし、これも法律上の制限がなくなるというだけであるため、希望すれば限度額の上限の範囲であれば借り入れを認めるわけではありません。

 

おまとめローンを利用すれば借り入れが1つになるため1社の限度額が高くなり、金利が下がるので返済の負担が減るメリットがあります。しかし、金利の低下では対処しきれないような総額になっていれば貸しても返済できなくなるので審査落ちします。このような場合、申し込んだ時点でオペレーターに債務整理した方が良いと勧められることもあるので、どちらで対処するのが良いか検討した方が良いでしょう。

 

申し込む際の提出書類には誤った内容を記載しないように十分に注意します。故意に虚偽の記載をしたと思われれば信用を得られないので落とされますが、記入ミスであったとしても印象は良くありません。高額の借り入れになるのでアイフルも慎重に審査を行うため、このような些細なことで悪影響を出さないようにしましょう。

アイフルでお金を借りるポイントを詳しく解説!
アイフル借り方審査ガイド | 借りる前にすぐ確認すべき17の項目