生活保護を受けているとアイフルで借り入れができない理由

アイフルでは正社員の人はもちろん、派遣、契約社員、パート・アルバイトの人でも申し込みが可能です。会社勤めをしていないフリーランスの人、自営業の人などでも申込みが可能であり、総合的に信用を判断して融資をしてもらえる可能性があります。しかし、生活保護を受けている人は申込み資格を満たしておらず、申込みをすることすらできません。インターネットから申込みをしようとしても、勤務先や年収の欄などを埋めることができず、やはり申込みはできないでしょう。

 

生活保護を受けている人がアイフルで借り入れできない理由の1つは、アイフルでは「働いていて安定した収入を得ている方」という条件がついているからです。老齢年金、障害年金も安定した収入と言えそうですが、アイフルでは働いている方という条件がついているので、年金受給者で働いていない人も申込みができないようです。

 

生活保護を受けている人は、働いている・安定した収入を得ているという条件のいずれも満たしていないので、審査を受けることすらできません。嘘をついて申込みをすれば審査を受けることはできるかもしれませんが、プロである金融機関は見抜いてしまう可能性が高いでしょう。後でバレると最悪のケースでは詐欺罪で訴えられてしまうので、嘘をついて審査を受けることはやめておきましょう。

 

それならば、生活保護を受けていても働いている人ならばアイフルで借りられるのかと考える人がいます。働いている人でも月々の収入が最低生活費に満たない場合には生活保護を受けることができます。このケースではどうかというと、残念ながらアイフルでは断られてしまうでしょう。月々の収入が最低生活費に満たない場合には、借金の返済能力があるとは言えません。働いていても借金を返済していけるだけの余裕がないとみなされて審査に落とされる可能性が高いです。

 

アイフルで借り入れできないことは、決してマイナスではありません。むしろ、審査に通ってしまったほうが後々やっかいな問題になります。生活保護を受けている人は収入を申告する義務があります。アイフルでお金を借りた場合にも、借りたお金の分の収入があったとみなされ、申告義務が発生します。

 

収入を申告しないでおくと、不正受給とみなされ、悪質な場合には違法行為とみなされて損害賠償請求もされてしまうでしょう。不正受給がバレると保護が停止されてしまう可能性もあります。それでは収入をきちんと申告をすれば問題はないのかというと、そうでもありません。例えば、アイフルで10万円を借りて、収入があったと申告をしました。すると、収入があったので翌月以降の保護費から10万円が引かれてしまいます。

 

その結果、もらえる保護費が借金と同じだけ減ってしまうのに、借金はまるまる残ってしまうという事態になります。借金を返済できないと自己破産なども考えなければいけなくなります。

 

このような仕組みになっているので、金融機関はそもそも保護を受けている人に対してお金を貸すことはありません。正直に保護を受けているということを話せばほぼ100%審査には落とされます。なにも言わなくても、やはり収入が最低生活費に満たないのですから審査に落とされてしまうでしょう。万が一審査に通ってしまったら、さらにやっかいな問題が待っています。保護を受けている人はアイフルで借金をすることは考えず、まずはアルバイトでもよいので仕事をし、収入を得ることを考えましょう。

 

そして、自分の力だけで生活ができるようになったら、カードローンでお金を借りることも考えるようにすればよいでしょう。絶対にしてはいけないことは、嘘をついてお金を借りることです。

アイフルでお金を借りるポイントを詳しく解説!
アイフル借り方審査ガイド | 借りる前にすぐ確認すべき17の項目