アイフルと信用情報機関について

アイフルはお金を借りやすく便利なサービスがあることで、大手の消費者金融として高い人気を誇りますが、利用するには審査に通過する必要があります。その際に関わってくるのが、信用情報機関です。この機関はアイフルが運営しているものではなく、全く違う組織です。なぜこの機関を利用するのかといえば、アイフルと契約を希望する相手が、自社のサービスを利用するのにふさわしい人物なのかを見極めるために必要になってくるからです。アイフルのような消費者金融ではお金を貸すという、信用に基づいた商品を取り扱っています。

 

つまり、お金を貸した相手から利息を含むお金を期日までに支払ってもらえないと、事業を成り立たせることができません。これは消費者金融に限らず信販会社や銀行でも同じ考えですから、これらの会社が申し込みを受け付けた際には個別に審査を実施します。

 

信用情報機関が審査で利用される理由として、この機関には業者からお金を借りている個人の記録が登録されているというのがあります。これらの情報は機関を通じて、融資サービスを提供する業者で共有できる仕組みになっています。登録されている情報を細かく見ていくと、名前や生年月日、性別や住所に勤務先の情報や本人確認書類の番号などがあります。これらの部分を業者が確認すれば、申し込みの内容に嘘や間違いがないかを知ることが可能です。契約者本人に配偶者がいるのか、独身であるのかなどの情報も存在します。

 

カードローンやキャッシング、クレジットカードの申込日や、申し込んだ商品の種類が記載されています。契約日と実際に貸付を行った日、契約した金額や実際に貸した金額の他、支払い回数などの利用に関する細かな情報も調べることができます。かなり細かな情報が記載されていますが、これらを見ながらアイフルが独自の判断で最終的に審査結果を申し込んだ本人に伝えるようにします。

 

 

審査において最も重要だとされているのが、信用情報機関に登録されている返済状況と借金に関する取引の情報です。返済状況とは各種ローンやキャッシング、クレジットカードなどの支払いがきちんと行われているかを調べる際に便利な情報です。入金日がわかりますので、期日までに返済できる人物なのかを判断するのに役立ちます。期日までに返済ができていない事実もすぐに発覚します。

 

延滞の回数や借入残高がどのくらいあるのかを知ることができます。返済が滞っている人は返済能力が低いと判断されるため、審査に落ちる危険が増します。借入残高は、総量規制の法律に違反しないために必要な情報でもあります。アイフルは貸金業法に基いて融資サービスを提供するため、年収の3分の1を超える融資を行うことができません。また、多額の借金がある人は約束通りに返済できないリスクが増すことから、審査に大きな影響が出ます。

 

借金に関する取引の情報というのは、借金の返済が困難になったときにどのような対処方法を行ったかの記録です。債権回収や債務整理、強制解約の事実などが信用情報機関に登録されています。債務整理は実施した後、5~10年くらいは新たな借金ができなくなります。アイフルはこの点を重要視していますので、過去に債務整理を行った経験がある人は、嘘をついてもすぐにバレてしまうことになります。

 

国内の信用情報機関は3つの機関があります。アイフルの場合だとこの3つの機関のうち2つの機関に加盟しており、その情報を調べている状態です。残されたもう一つの機関は銀行や信用金庫などが加盟するものですので、この機関にだけ悪い情報が登録されていれば審査に悪影響がないように感じますが、悪い情報は3つの機関で共有されているため、隠すことはできません。

アイフルでお金を借りるポイントを詳しく解説!
アイフル借り方審査ガイド | 借りる前にすぐ確認すべき17の項目