アイフルのATM利用時間と手数料は?他のカードローン会社と比べてどう?

アイフルでは自社や提携する銀行・コンビニのATMの他に、インターネット振込や電話振込で借入ができます。返済はATMの他に銀行振込や口座振替により可能です。ATMには自社のものと提携する銀行やコンビニによるものがあり、それぞれ営業時間に違いがあります。自社の場合には基本的に毎日7時から23時まで利用できます。店舗によって多少の違いが存在します。

 

コンビニの場合はメンテナンス時間を除いて24時間いつでも可能です。銀行の場合は各銀行によって異なります。手数料は自社の場合は無料ですが、提携している銀行やコンビニの場合は取引額に応じて一定額が必要です。

 

借入・返済額が1万円以下の場合には108円が、1万円を超える場合には216円がかかります。他のカードローンで料金が発生する場合と比較すると同程度です。取引の都度手数料が必要となります。提携する銀行やコンビニを利用する場合には、まとめて借入・返済を行うのが合理的です。

 

アイフルでキャッシングを行った場合の手数料は、返済時に精算されます。引き出す時点では料金がかかることはありません。提携する銀行やコンビニを利用して1万円を借りた場合には、108円の料金が発生します。借入時には1万円丁度を引き出すことができ、料金は控除されません。料金は返済金額に上乗せされる仕組みです。

 

 

借入時に料金が発生する場合は毎月の約定返済金に加算されて返済することになります。提携する銀行やコンビニではなくアイフルで借入を行った場合には、料金が発生しないので上乗せされることもありません。

 

コンビニで返済を行う場合には硬貨を使用できないので、料金が上乗せされた場合には端数を切り上げて返済します。通常の返済分よりも多く返済することになりますが、多く返済した分は元金に充当されるので返済期間が短くなるというメリットがあります。

 

アイフリはコンビニを利用すればいつでも借入・返済が可能です。提携する銀行やコンビニを利用した場合には取引額に応じて料金が発生します。アイフルと直接取引を行えば料金は無料です。急いでいる場合や深夜などの場合にはコンビニを利用すると合理的です。なるべくコストを抑えてキャッシングを行いたい場合には、アイフルと直接取引を行う必要があります。料金が発生する場合にコンビニで返済をすると硬貨が使用できないので多くは支払うことになりますが、繰り上げ返済となるので効率的です。

 

 

アイフルでは基本的に7時から23時まで借入が可能ですが、店舗によっては翌日の2時まで営業している場合もあります。公式ホームページにアクセスすれば店舗やATMの場所を検索できます。深夜に借入・返済を行いたい場合には、ホームページで検索して予め場所を確認しておくと便利です。

 

コンビニを利用すればいつでも借入・返済が可能ですが、アイフルと直接取引を行った方が料金が発生しないというメリットがあります。公式ホームページでは、アイフルだけでなく提携する銀行やコンビニのATMについても検索できます。コストを抑えて取引を行うためにはアイフルと直接取引する必要がありますが、店舗では返済のみ扱っているので注意が必要です。

 

店舗で返済を行う場合も手数料は無料とされます。また各店舗には扱っている業務に違いが存在します。返済の受付を行う店舗窓口もあれば、無人契約機のみ設置された店舗もあります。各店舗を訪れる前に公式ホームページで各店舗が扱っている業務について確認することが必要です。

 

アイフルと提携する銀行やコンビニのATMには入出金できる金額に違いがあります。自社の場合には1000円単位で入出金が可能です。提携する銀行やコンビニの多くでは借入時の出金額が1万円単位で、返済時の入金額が1000円単位の場合が多く見られます。一定の銀行では借入のみ可能な場合もあります。

アイフルでお金を借りるポイントを詳しく解説!
アイフル借り方審査ガイド | 借りる前にすぐ確認すべき17の項目