アイフルの審査に通りやすい人とは

アイフルの審査に通りやすいかどうかは、申込者の属性と関係があります。
属性とは、年齢や勤務先、収入などの個人情報のことです。

 

たとえば、結婚している人と独身の人では、独身の人のほうがお金にゆとりがあると考えられます。収入を自分のために使えるからです。独身でしかも家族と同居している場合は、さらに属性が良いといえるでしょう。

 

また、職種も大事なポイントです。

 

公務員など国の仕事に就いている方は、一般正社員や自営業者よりも審査に通りやすいといわれています。

 

審査の際には、年収の多さよりも、収入の安定性が重視されるからです。ですから大切なのは、高収入ではなくても、ひとつの会社での勤続年数が長いことです。少なくとも1年以上同じ職場で働いている方は、審査に通りやすいと考えられます。

 

また、電話で申込をする場合に、丁寧な対応をすることも大切です。お金を借りるということは信用がないと成り立たないことで、その人が誠実かどうかは、話し方や態度に表れるものです。

 

お金が急に必要になった時には、焦りから話し方が乱暴になってしまうことがあるかもしれませんが、相手に与える印象が良いものになるように気を配りましょう。

 

審査に通りたいという気持ちから、年収を実際よりも多めに記入したり、本当は他社での借入があるのに、借入なしと申告すると、信用をなくすことになるので絶対にやめましょう。

 

審査に通るためには、申込書の項目をすべて埋めて、しかも嘘の申告をしないことが大切です。小さなことと思えることが、実は審査のポイントになることがあるので、申込書の正確な記入が絶対に必要です。

こんな人はアイフルの審査に通りにくい

たとえば現時点の収入が同じでも、一方は審査に通り、一方は審査に落ちてしまうという事があります。その違いはどこにあるのでしょうか。アイフルの審査に通りにくい人の特徴について考えてみましょう。

 

先の例のように、同じ収入なのに一方だけ審査に落ちた場合、勤続年数が短いことが関係しているかもしれません。消費者金融にとって気になるのは、申込者がこの先も安定した収入があるかどうか、ということです。勤続年数が短いと、仕事を長く続けられない人、きちんと借金を返済してもらえるか確信ができない、と判断されてしまう可能性があります。

 

また、同じ主婦でも、専業主婦と働く主婦とでは大きな差が出ます。現在働きに出ていない主婦は、審査に通るのが難しいのが現況です。

 

また、アイフル以外に複数の業者に申込をしている場合も審査が難しくなるかもしれません。注意しておきたい点として、契約までに至らなくても、消費者金融に申込んだという事実は信用情報に記録されるので、同時に複数の業者に申込まないように気を付けましょう。

 

基本的に、消費者金融で借り入れることのできる金額は、個人の収入の3分の1までと定められています。ですから、希望借入額が収入の3分の1を超えている場合も審査に通るのが難しくなります。自分の支払い能力内で申込むことが大切です。

 

これまでに滞納や自己破産などの金融事故を起こしたことがある場合、審査に大きく影響します。借金をするということは、自分の信用が問われるということです。もしこれからアイフルを利用する予定があるなら、確実に返済できる、ゆとりをもった計画を立てましょう。

アイフルでお金を借りるポイントを詳しく解説!
アイフル借り方審査ガイド | 借りる前にすぐ確認すべき17の項目