アイフルの増額審査落ちした原因は?対応策はどうすればいい?

アイフルで増額審査落ちしたときは何が原因であるのか把握して対応しなければ再度申し込みをしても落ちてしまいます。最初に確認しなければならないのが利用している貸金業で設定されている限度額の総額が年収の3分の1を超えていないかです。

 

アイフルは消費者金融であるため総量規制が適用されており、これを上回る借り入れはできません。申し込み時にこの上限になっていると、それ以上の借り入れは法律で禁止されているので増額審査落ちになります。また、総量規制の範囲内の場合でも総額が高くなるほど返済できなくなる危険性も高くなるので信用を失って審査に悪影響が出ます。他社の利用に関してはアイフルに新規契約するときと同様に契約数に関しても問題になります。一度契約してしまえば後から増やしても影響しないということはなく、4社以上になると信用されなくなってきます。

 

この対応策としては、優先度の低い業者の限度額はできるだけ引き下げて枠に空きを作っておき、可能であれば借り入れ残高が0になるようにして解約すると良いでしょう。

 

 

アイフルから信用を得られるだけの利用実績がない場合も増額審査落ちになる原因になります。実績として必要な期間は最低でも半年以上になりますが、このときに実際に借り入れと返済を行っていなければなりません。借りずに半年経ってから申し込んでも実績にはならないので信用されません。返済の遅れも厳禁であり、増額前の限度額で安全な利用ができないのであればそれ以上の金額は貸してもらえません。

 

アイフルの借り方によっては半年間でも実績としては不十分になるため、遅延せずに半年間利用したので通るだろうと考えていると落ちます。増額しても安全に利用できるような計画性や返済能力があることをアイフルに印象付けることが重要となります。対応策として、期間で考えればできるだけ長く利用を続けた方が信用されやすくなります。すぐに増額したい場合はだらだらと借り入れと返済を繰り返すのではなく、借り入れをしたら完済してから再度借り入れを行うことで計画性を示せます。さらに繰り上げ返済によって通常よりも早く完済できれば返済能力にも余裕があることを判断させることができます。

 

返済能力も高くなっていた方が信用されやすくなります。この対応策としては単純に年収が高くなれば良いだけですが、これは簡単にできるものではありません。そのため、高くなっていたら通りやすくなり、下がっていたら落ちやすくなると考えれば良いでしょう。

 

増額審査落ちしにくくなる方法としては、アイフルから増額の勧誘が来るのを待つのも有効です。利用を続けて実績を作り、信用を得ることができれば他社への流出を防ぐために有利な条件で契約できると提示してきます。通知の後に信用を損なうようなことをしていれば申し込んでも落ちる可能性がありますが、信用されたことで通知されるものなので確実性が高い状態になっています。逆に考えるとこの通知が来なくても申し込みはできるものの、信用されていないので落ちる可能性が十分にあると言えます。

 

なお、増額審査落ちしてから対応策を考えるのではなく、確実に通ると思える状態になってから申し込むのが安全です。増額審査では実際には再契約を行うと考えた方が良いです。具体的に言えば増額して良いのか審査するのではなく、限度額がいくらであるのが妥当であるのか判断されます。

 

そのため、信用を損なうような行為をしていた場合には現在の限度額が適正ではないとされて引き下げが行われることがあり、借り入れ残高が引き下げ後の限度額を超過していると即座に返済を要求されることはありませんが、限度額を下回るまでは追加の借り入れができなくなるデメリットがあります。

アイフルでお金を借りるポイントを詳しく解説!
アイフル借り方審査ガイド | 借りる前にすぐ確認すべき17の項目